E22/04/2022 · 吉祥寺経済新聞は、広域吉祥寺圏のビジネス&カルチャーニュースをお届けするニュースサイトです。イベントや展覧会・ライブなどのカルチャー情報はもちろん、ニューオープンの店舗情報から地元企業やソーシャルビジネスの新しい取り組み、エリアの流行・トレンドまで、地元のまちを 姫路経済新聞 - 広域姫路圏のビジネス&カルチャーニュース

  • 吉祥寺経済新聞は、広域吉祥寺圏のビジネス&カルチャーニュースをお届けするニュースサイトです。イベントや展覧会・ライブなどのカルチャー情報はもちろん、ニューオープンの店舗情報から地元企業やソーシャルビジネスの新しい取り組み、エリアの流行・トレンドまで、地元のまちを
  • News
    • 2021/2/26
      ホームページを公開しました!
    アイコン設定
    投稿者さん使い方

    【ホームルーム】
    【イベント時刻】
     7/2 22:37:20~7/3 00:36:04

    【あらすじ】
    鬼灯学園の生徒数名は人の消えた街の中、眠る街の調査を進める。
    その最中、黒い影(明確な理想を持たない者達のヴィジョン、理想の姿)に囲まれるが、生徒たちはキラーチューンと名乗られる男性に助けられた。 各々の想いを抱えながら、この世界から目覚める方法を教わった生徒たちはその方法を実行に移す………が、鬼灯学園の生徒たちが夢から目覚めることはなかった。


    ■理想イベント■
    以下概要、君達はこの夢幻世界、通称眠る街に居る間、不規則的なタイミングでもう一人の自分に出逢う。それは理想の自分である。それはヴィジョンの様な人外的な姿かもしれないし、自分が成りたいと願う完璧な自分自身かもしれない。彼らは本物の君を倒して”自分が元の世界に戻ろうとする”だろう。当然、今の自分とは違う自分の理想であるがゆえにひとりきりで理想に打ち勝つ事は不可能なので2人1組でどちらかの理想と対峙してもらう事となる。期間は1週間。理想が君達を倒そうとするのは暴力だけとは限らない、君達のキャラが思い浮かべる理想に合わせて独自でイベントを成立させて欲しい。
    (7/3 00:36:04)のログより引用

    理想との戦いによって
    怪我をした場合→現実にもその傷は反映して起床する。
    死んだ場合→そのとき抱いていたもっとも大きな感情を喪失する。

    【理想イベントによる報酬】
    【微睡の歌】という特殊技能の取得 また【微睡の歌】が重複している者の場合は理性+2

    【感想と考察】
    ・なぜ鬼灯の生徒たちが目覚めないのか
    →お父様が関与している? 眠る町の中で、キラーチューンさんに、世界の根幹を揺るがす情報をいくつか教えてもらいました。
    そして、この先の未来も。
    それによってアウラフォールへ進む世界を変えることが出来るのか。それとも未来を変えることはできなかったから、アウラフォールへ進んだのか。
    レポートその1
    (イベント: まだ見ぬノンフィクションを)
    5月23日 2時ごろ
    (22:30〜00:18ごろ) その人達を助けるためには球体に触れ、人達が見ている悪夢に入り、悪夢の根源を解決する必要がありました。その事件を無線を傍受していたテルミ先生は"桜草学園として"代わりに事件解決を請け負いました。

    俺達が担当したのは町外れの無人の神社にある球体でした。その現場には書生風の男性、今回の事件を起こした緑門 蛇吉 (ろくもん じゃきち)さんと球体に閉じ込められた喪服の男性がいました。緑門さんの能力は周囲の影から影でできた蛇を生み出し操り、その蛇に噛みつかれた人をその人のトラウマから生まれた悪夢に閉じ込める、と言う厄介な能力でした。 緑門さんはヴィジョン: ザ・グレイト・ヴィランを使い、周囲に集めた観客の人も、担当してた俺らも全員悪夢の中に閉じ込められてしまいました。

    この後、個人個人で悪夢から救出してもらう必要があったんですが俺はシャーロットさんに救出してもらいました!

    【イベント:まだ見ぬノンフィクションを、での報酬】 ・個人の悪夢救出ロルを回した人の両方に理性+1。


    レポートその2
    (イベント:間違いを消す様に壊す様に)
    5月30日 16時ごろ
    (22:30〜5/31 00:15ごろ) 駅で緑門さんを対応している頃、学校に怪しい人がヨワリ先生目当てに来ていた...らしいです。その人は学校付近を捜索していた人達によって手錠で確保されたみたいです。その人から色々情報を聞き出すことができたみたいでよかったです! 緑門蛙耶さんの姉はドナーの候補としてずっと眠らされていて、ノルマを達成すれば彼と姉は解放してもらえる事になっていたらしいです。そしてヨワリ先生の脆弱な精神が何より強力なドナーに成り得るという事で今回ヨワリ先生が狙われていたらしいです。

    『お父様』という人物はゼル粒子という能力の根源の研究をしていて、人工的にヴィジョンを生み出す研究をしているそうです。 緑門蛙耶さんと連れ去られたユエルさんを取り戻すために俺たちはデルタ・ラボへと向かいました。


    【イベント:間違いを消す様に壊す様に、での報酬】
    ・参加したキャラクター全員に理性+2

    レポートその3
    (イベント:為す術なく塔は落ちる)
    6月4日(金) 夜ごろ
    (6/4 22:30〜6/5 01:07)
    僕が向かったルートには白衣の男性、緑門さんが言っていた『お父様』という人物がいました。でもそれは作り物らしく緑門蛙耶さんの体の一部を使った人形型の生体機械だったんです。その人は2人に対してやったことは「望まれたからやったまで」と言っていました。作り物のお父様は蛙耶さんの体の一部によって作られたもののためヴィジョンを持っていました。その能力は自身の幻影と透過、刀によって無効化することができその後仮死薬を投与されて学園に持ち帰られました。 警察官さん達の無線ジャックをしたテルミ先生の取り調べをしていた来ヶ谷さんによって爆発された研究所跡地から救助されました!別の部屋に囚われていた緑門あやさんとユエルさんも応急処置によって無事、怪我を負ってた人も生還、あっ、でも...えーっとユエルさん...?がなんかお腹に穴空いて戻らないって聞いたんですけど大丈夫なん...ですかね...?生きてるから大丈夫...?だといいなぁ...

    【イベント:為す術なく塔は落ちる、での報酬】 (悪夢払いとは称号のようなもの、特化した特徴はないが、悪夢払いを持つキャラと1時間以上絡んだ対象は理性上限に+1。)




    第一章を通しての感想、考察
    生き汚いプレイングを続けて行こうと強く思いました。キャラの行動する範囲の最大限まで生存欲求を高めていきたいと思います。 個人の悪夢イベントはかなりの体力その他諸々を消費するハイカロリーなものでしたが、キャラクター個人個人の深い過去やその世界観、そして見せ場を多く見ることができて本当に楽しかったです。今後もイベントや皆様のロルで情緒を揺さぶられていきたいです。

    考察的側面で僕が気になる面としては、お父様やクイーン型がなぜ施設外を出歩けているのか、また イベント:為す術なく塔は落ちる 内でのダグラスちゃんの鬼灯の生徒達の能力を全て知っているかのような発言が気になりました。鬼灯学園内部に内通者がいる可能性も含めて警戒していきたいです。

    気になる部分は数多くありますが、第一章お疲れ様でした、今後のシナリオも本当に楽しみです。今のところ全イベント参加できていてとても嬉しいです、ありがとうございます。次は文化祭ということなので思いっきり楽しんでいきたいと思います。
    返信
    返信0
    s
    たとさん (7x2x66a6)2021/6/9 22:12 (No.78758)削除
    皆さんお疲れ様でした。
    ユエルを助けていただきありがとうございました。
    今回のお父様はクイーン型の身体で複製と言っても過言ではなく、キャロットというキャラクターがお父様の人格を持ったそのクイーン型を仮死状態にして回収し、保管しております。 目的
    ユエル君とロクモン・アヤを救出する。

    結果
    目的は達成できたらしい。 しかし、未だに研究の全貌は明らかになっていない。 キツルバミの襲撃が失敗に終わったのを知った時点で、別の拠点へと移されたのだろう。
    施設内に残っていたのは2名の職員。
    戦闘に特化した【ダグラス】という少女と、【お父様】と呼ばれる粗悪なクイーンである。 ただ、生徒たちに対して【ハイアンドシーク】という幻影型と思わられる能力を使っていたため、ドナーである【お父様】も似たような能力者であると推測されている。

    考察
    (i)お父様のセリフより
    「ええ、ここの管理をしているのは現在はわたしです」 それは【お父様】そのものだろうか、それとも、もっと別の人間だろうか? (ii)組織の目的が未だにハッキリしていない。そのため、学園側の行動は常に後者に回っている。鍵となる研究施設では、医療品が多く残されていた。職員の話から【ロクモン・アヤ】のようなドナーを使い、多くのクイーンが製造されていたことがわかっている。クイーンはドナーの能力と思考を引き継ぐ可能が高い。強力な能力者が捉えられた場合、この街にとって大きな災厄となってしまうだろう。かつて街の脅威となったタタリメ・ヨワリ、通称【ヨワリ先生】や、学園に通う多くの生徒。彼らのクイーンが作られないためにも、できるだけ被害は抑え、互いに見張りをつけることを推奨する。



    悪魔払い: 悪夢払いとは称号みたいな物で、特に悪夢だとかに特化した特徴では無いが1時間以上絡んだ対象は理性上限に+1のボーナスが貰える事に成る。
    返信

    E09/06/2022 · 食べる 創味食品のパスタソース「ハコネーゼ」と箱根町がコラボ 「ハコネーゼで箱根いこーゼ」 パスタソースブランド「ハコネーゼ」を販売する創味食品(京都府京都市)は、箱根町と連携して観光誘致支援活動「ハコネーゼで箱根いこーゼ」を、10月1日から実施している。 › › まち自慢 | 田舎暮らしの本

  • 姫路経済新聞は、広域姫路圏のビジネス&カルチャーニュースをお届けするニュースサイトです。イベントや展覧会・ライブなどのカルチャー情報はもちろん、ニューオープンの店舗情報から地元企業やソーシャルビジネスの新しい取り組み、エリアの流行・トレンドまで、地元のまちを楽しむ
  • 返信0
    脊椎さん (7xl8ztcv)2021/6/9 04:25 (No.78717)削除
    ・遅れながらもレポート、書かせていただきます。
    【まだ見ぬノンフィクションを】
    報酬: 持ちキャラ全員に+2の理性(兵器型の場合は代わりに兵器をもう1種類選んでも良い。)
    また、悪夢救出に来ていただいた方と共に+1の理性。
    主催者様及び悪夢から救出していただいた方々には深く御礼申し上げます。

    【間違いを消す様に壊す様に】 今回は目立った活躍は出来ませんでしたが、それでも堪能させて頂きました。 皆様お疲れ様でした。

    【為す術なく塔は落ちる】 皆様本当にお疲れ様でした。

    以上がレポートとなります。 ガラスが硬いイベントでした。初参加だったので勝手が分からずあたふた、逃げ遅れて色んな人に心配を掛けまくりました。煽ってきた仮面の子は後で泣かせたいです。 キャラ枠1つ追加
    ECONCEPT. 肌と髪に優しいのはもちろんのこと、ずっと使い続けたいと思える 「The L T(ザ・ラストタオル)」 › | L' é
  • 食べる 創味食品のパスタソース「ハコネーゼ」と箱根町がコラボ 「ハコネーゼで箱根いこーゼ」 パスタソースブランド「ハコネーゼ」を販売する創味食品(京都府京都市)は、箱根町と連携して観光誘致支援活動「ハコネーゼで箱根いこーゼ」を、10月1日から実施している。
  • 返信
    返信1
    ゆ•じょなさん (7wlkqi8d)2021/6/7 18:58 (No.78632)削除
    【報酬】
    【悪夢払い】
    この特徴を持ったキャラクターと1時間以上絡んだ対象は理性上限に+1のボーナスが貰える

    これは悪夢を見せる能力者、緑門蛇吉(ロクモン・ジャキチ)と初めて遭遇することになった任務。桜草学園の教師が悪夢を見せられていたため生徒全員で救出、しかし悪夢の能力は生徒や街を襲い、依頼に参加した人はみんな眠ってしまった。

    ■報酬について、 まず、今回の任務のレポート(感想や考察や書斎説明など)をホームページのトップにある掲示板に書き込むことで持ちキャラ全員に+2の理性(兵器型の場合は代わりに兵器をもう1種類選んで構いません)、更に、下記の悪夢についてのロルを今後回してくださった方は助けに来てくれた人と一緒に理性+1を贈呈します。


    【間違いを消す様に壊す様に】
    緑門蛇吉(ロクモン・ジャキチ)、彼はとある男に脅されていたようだった。どれだけ手を差し伸べても助けてもらおうとする事は無く、人質にとられた姉のために能力を使っているようだった。彼を利用した男というのが、人形型"クイーン"を作り出しているお父様、という人らしい。この人はロクモンさんの能力を利用するためと、彼のアネをクイーン型のドナーにするために利用していた倫理観のないやばいやつということがよくわかる。イベントの最後には学園生徒のユエルを連れ去ってしまい、お父様と対峙することを余儀なくされた。

    ◾️今回参加したキャラクター全員に理性+2と、今回の任務の感想や考察などをホームページのトップにある掲示板へ記載する事で、生命が2d6その場で回復する【鎮痛剤】を持ちキャラ全員に1つ配布する

    【為す術なく塔は落ちる】
    【考察】
    どなたかが言っていた、的が"色"関係の名前だっていう考察が好きだったので共有しておきます。
    あと、亜人が誰かの夢なら、ドナーの夢で稼働するクイーン型は生きる夢だなぁ、と思ったのでメモしておきます。クイーン型が存在する理由やお父様の目的とか、気になることがたくさんです
    返信
    返信0